山を登って滑った記憶達
by 標茶
カテゴリ
全体
ヤマスキー
ゲレスキー
ヤマアルキ
カベノボリ
テイサツ
未分類
以前の記事
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 01月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 09月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
お気に入り
ヤマレコハジメマシタ。
マップやら累積標高差はこちらで。

ひつじ丸な日々
・・・ ヤフオクでT3を買って下さった縁。

slow life
・・・ クライミングジムで出会った謎の整体師。お世話になってます。

夫婦で楽しい山登り♪
・・・ 仙丈小屋常連さん。ヒロ君登頂時に同宿。
検索
タグ
Twitter @sa104komi
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
2008/04/06 沖武尊
b0094257_2375693.jpgついに来ました沖武尊

OGNAクローズの日。

先週xtele隊からお誘い頂いたので、滑り納めに参加するためOGNAに行く。

8:00頃 OGNA駐車場到着。
数台横にxtele隊長の車がある。

と、準備を始めると周りの車はみんな今日の参加者だった。
なんという偶然。
(もし合流できなかったら、ソロで沖まで往復しようかと思っていた。)

小銭入れを忘れたので、車に取りに戻り、レストハウス2階に集合。
おおお、たくさん集まっているぞ。
・・・なんと、イシカワさんと再会。
その節は大変お世話になりました。

そんなこんなで16名の大所帯で前武尊登頂開始。
jsさん曰く、沖まで行くそうだ。
やった、2年越しの念願がかなうかも。

b0094257_23181560.jpgわらわらと準備中の最終リフトおり場。

9:30 登り開始。
先頭グループで登り、40分程で前武尊山頂到着。
しばし、後続を待つ。

b0094257_232243.jpg今日の裏山方面。
微風、快晴。

全員で集合写真を撮ったあと、3名が離脱。
13名にて沖を目指す。

10:45 前武尊~剣ヶ峰コル到着。トラバース開始。

b0094257_23241666.jpgまずは家ノ串のコルまで。

10:58 先行隊のトレースもあり、あっという間にコル着。
いよいよ中ノ岳方面に向かう。

b0094257_23282411.jpg11:23 家ノ串~中ノ岳稜線から見える尾瀬岩鞍。


b0094257_23302532.jpg中ノ岳目の前。


b0094257_23311175.jpg剣ヶ峰と川場スキー場。(獅子ヶ鼻だと思っていたが、剣ヶ峰の裏で見えない)

11:41 中ノ岳山頂到着。
先行3名は滑り下りていく。

b0094257_23334994.jpg来ました、中ノ岳。
沖まであと少し。

ここで標高差80m程度を滑る。
出だしは結構な斜度。
おお、大丈夫かな?

一瞬、スキーが交差して転びそうになったが、なんとか立て直した。
5ターン程で終了。
そして、若干沖方面に登りながら移動して、稜線に出たところでランチタイムとなった。

b0094257_23382049.jpg沖武尊を間近にみながらの休憩。
よく来たなぁ。

牛タンを分けて頂いて、美味しく頂く。
ごちそう様です。

12:55頃 出発。
シールのままjsさんについて行く。
さすが、的確なラインで最後の急斜面を詰めていく。

そして13:05 沖武尊到着。
お疲れ様でした。

b0094257_23452362.jpg三角点デス。

集合写真を撮っていよいよ滑走開始。

b0094257_23474737.jpgバビューン、とアドレナリン放出。
あっという間。

最高のザラメ、斜面に感謝。

プチケガ人が出たので70m程登り返し、ここで4名が先に戻ることに。
残り9名で谷底まで滑ってメインイベント終了。

b0094257_2351090.jpgたくさん滑りました。

14:37 登り返し。
中ノ岳に向かって帰りましょう。

15:37 中ノ岳の最初の滑走終端到着。
あとは稜線を横移動のみ。

b0094257_23531150.jpg一本目のシュプール。


b0094257_23544639.jpgさようなら沖武尊。
また来ます。
16:15 日も傾いてきた頃、家ノ串~剣ヶ峰のコルに帰着。
気温も下がり、日影は凍って気を遣いそう。

b0094257_2358653.jpgあと一息でゲレンデだ!

16:56 凍った剣ヶ峰トラバースを無事に乗り切り、前武尊帰着。
あとは十二沢が控えるのみ。
たぶんすごいことになっているんだろうな・・・あたり。

シュプールがそのまま凍った十二沢。
なんとか怪我しないように高度を下げる事に徹する。

ゲレンデに戻っても、雪面状況は変わらず、斜度が緩くなっただけ。
足裏マッサージ機状態のゲレンデを、日が暮れる前に一路ベースへ。

最後の斜面がまだ西日が残っていてザラメだったのが何よりの救い。
ラストゲレンデも楽しめました。

17:58 ゲレンデベース帰着。
長い長い、OGNA最終日が終わりました。

b0094257_042776.jpgお疲れ様でした。

xtele隊の皆様、楽しい一日をありがとうございました。

無事下山後は「しんめいの湯」→「とんかつトミタ」で終了。

その他のご参加の皆様の視点でもお楽しみください。(トラックバックにて)

xtele隊の当日レポートはこちらです。

P.S.「一度ツアーをすると皆隊員」の掟により、xtele隊№168に混ぜて頂きました。
今後ともどうぞよろしくお願いします。
[PR]
by sa-104_komi | 2008-04-06 23:20 | ヤマスキー
<< 2008/04/12 前武尊 2008/04/05 谷川岳(... >>